華南ワークス(本社香港)と業務提携。香港・中国華南エリアに人材紹介業務を開始します。
 
香港の人材紹介会社大手、華南ワークス(本社香港、代表取締役松本博明社長)と業務提携を開始、中国華南エリアの日系企業に人材紹介事業を開始します。 華南ワークス社は香港に拠点を持ち香港・中国華南エリアに特化した人材紹介サービスを行っており数百社の日系企業との取引があります。この度の業務提携によりアメリカから香港に就職を希望する日本語英語のバイリンガル、中国語のトライリンガルの方に就職斡旋のサービスを提供することができるようになりました。 香港・華南エリアではマネジメント、メーカー技術者、総務管理業務、秘書業務等アメリカでの経験を活かし英語圏で勤務を希望する人にとってチャンスの枠が広がりました。香港・華南エリアで就職する場合の労働ビザは職務経験が3年以上もしくは大学卒であれば新卒でも就職は可能。取得に要する期間は通常1−2ヶ月で、労働ビザ取得に関するコストは企業負担の場合が多いのが特徴です。  特に中国広東省(人口7,859万人)は中国都市競争力で2位の深セン市、3位の広州市などを抱え、約5万社と言われる外資企業が集結しています。また世界のメーカーが工場を構えていることから『世界の工場』とも呼ばれており、日本人向けの求人もメーカーなどからの募集が多くなっています。また技術者・生産管理などのシニア層への求人が多いのも特徴的です。
 
 


All copyrights are reserved by MAX consulting group Inc. 2004